頻繁に目をこする犬に考えられる事-ワンチャンス

結膜炎

 

 

結膜に炎症が起きると結膜炎になります。
犬の目の病気で最もよく見られる症状です。
足で眼をこするしぐさをしたり、床に顔をこすりつけたりします。
結膜が赤く充血したり、浮腫を起こすこともあります。
眼をこするため眼の周囲が赤くなったり、涙、目やにで眼の周囲が汚れているのが特徴です。

 

原因としては眼を強く擦る、眼に毛が入るといった物理的な刺激や、シャンプーなどによる刺激、細菌やウイルス感染、アレルギーなどの病気が考えられます。
結膜炎の症状が片眼だけの場合は多くの場合、外的要因だと考えられますが、両方の場合は感染症、またはアレルギーなどの全身症状であることが多いようです。
診断は明るいライトをてらして結膜を確認する作業によって行われます。
まぶたの周りの毛やまつ毛などが角膜を刺激していないか確認するためです。
ただの結膜炎なのか、それとも他に病気が関与しているのか判断するためには必要な診断です。

 

 

結膜炎の治療について

 

 

治療に関しては、眼の周りの毛が原因なら毛をカット、剃ったりして刺激が眼に入らないように配慮します。
全身性の感染症が原因だったときは、病気の治療を行います。
結膜の炎症は結膜の1種類から数種類の点眼薬を投与して内科的治療が中心となります。
ウイルス感染が原因でも全身的な症状の1つとして見られる場合と、結膜のみが感染しているケースの2種類があります。
結膜だけの感染の場合は比較的早い段階で治療を受ければ早期改善することが可能となっています。
全身性の結膜障害の場合は、他の病気も治癒しなければ結膜炎も治らないため、長い時間が必要となるケースもあるようです。

 

 

まとめ

 

 

このように犬の目の病気には色々なものが関与しているケースが多々ありますので、スキンシップをはかると同時に犬の目についてしっかりチェックをしてあげましょう。